ニュース

即位礼正の儀(中継)は何時から?式の流れ・見どころは?

「即位礼正殿(せいでん)の儀」がいよいよ本日、22日(火・祝日)に開催されます。

天皇陛下が出られるイベントということで、一目見たい!

開始時間や、中継の情報・式の流れについてまとめますね!

 

即位礼正の儀(中継)は何時から?

22日の午後1時から開催されます。

テレビ中継をしますから「土砂降りだし外に出られない…」「遠いから見には行けない」という方は、その時間にテレビを見てみましょう!

 

午後一時からということで、休日出勤の方々についてはちょうど昼休みが終わったころですね。

そうなると、中継を見ることは難しそうです。

「即位礼正の儀」の式の流れは?

「即位礼正殿の儀」といいますが、パレードは別日(11月10日)に延期になりましたし、今日はいったい何をするんでしょうか?

式の流れが発表されていましたので、ご紹介します!

引用:時事通信社

 

天皇の衣装にも注目!

儀式では、天皇のみが着る束帯「黄櫨(こうろ)染(ぜんの)御袍(ごほう)」を身にまとった天皇陛下が、宮殿の正殿・松の間に設置された舞台「高御座(たかみくら)」で即位を宣言する。高御座は高さ約6・5メートル、重さ約8トンで、屋根に飾り金具の鳳凰(ほうおう)が装備され、八つの柱がそれを支える。

皇位のしるしとされる「三種の神器」のうち剣とまが玉も、日本国の印「国璽(こくじ)」と天皇の印「御璽(ぎょじ)」と共に侍従によって運び込まれる。

皇后雅子さまは、高御座の隣に設置された「御帳台(みちょうだい)」に上がる。左右の側頭部のびんを大きく膨らませた「大垂髪(おすべらかし)」と呼ばれる独特な髪形で、十二単(ひとえ)を着用する。

引用:Yahoo!ニュース

天皇はスーツを着ているイメージもありますが、即位礼正殿の儀の儀式では天皇のみが着る束帯を身にまとい、即位を宣言するとのこと。

天皇しか着ることができないということで、こういった機会でしか目にすることは無いかと思います。

ぜひ拝見しておきたいですね!

 

その他、三種の神器が侍従によって運び込まれる、皇后は御帳台(みちょうだい)に上がる・十二単(ひとえ)を着用など、この機会でしか見られないものが目白押しです!

三種の神器など、聞いたことはあるけど実物はイメージできない…という人も、楽しみにしたいですね!(テレビ中継で映り込むかは、見るまでわかりませんが…><)

▼早朝に皇居付近で黒煙が?延期されるのかなど調べました!

▼延期になったパレードについての情報はこちら!