ニュース

首里城の火災は原因なぜ?自然発火はデマ?現在の状況は?

日本にある世界遺産である「首里城」が発火したというニュースが、日本全土を駆け巡っています。今回の火災は「ボヤ」ではなく大変な火災となり、復元されたものではありますが、世界遺産に登録されていた首里城が焼けて失われてしまうのは残念なことです。

この火災の原因は何だったのでしょうか?自然発火という噂の真相はどうなんでしょうか?現在の火の状況やどのくらい残せるかなども含めて、調査しましたよ!

首里城の火災の原因は自然発火ではない!?

沖縄といえば熱いですし、日差しも強いだろう。それなら、自然発火することもあるかも?と、妙に信ぴょう性があるのか「自然発火」という噂があるようですが、自然発火の可能性は薄いようです。

もちろん、事故の可能性も含めて、まだ放火と決まったわけではありませんが、かなりの火の勢いで燃え広がっているところを見ると、自然発火とは考えにくそうです。

 

首里城の火災の影響・現在の状況は?

首里城が炎に包まれてしまいました。

沈下に苦戦している印象で、その後どうなっているのか?世界遺産としてどのくらい残せそうなのか?現在の状況が気になりますよね。

最新状況をまとめました!

 

首里城の火災の原因は?

首里城の火災の原因は、まだわかっていません。

現在、警察や関係者各位が調査をしているということです。

最近は関東や東北地方など、台風や大雨による自然災害が多かったなかで、さらにこうした火災での訃報が入ってきたというのは、とても残念ですね。